日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/30/2009 07:36 AM

 アジア開発銀行(ADB)は、インド北東部5州の州都におけるインフラ改善のために2億米ドルの融資を承認した。同行にとり、インドで最も開発が遅れている地域の都市開発に対する初の大規模支援である。

 北東部5州の州都とはコヒーマ(ナガランド州)、シロン(メガラヤ州)、アイザウル(ミゾラム州)、ガントク(シッキム州)、アガルタラ(トリプラ州)。ADBはこれら5つの州都で上下水道など基礎的インフラの改善を支援する。

 ADBの融資は、2009-15年のプログラム実施期間中に3回、もしくはそれ以上の複数回数で実施され、金利はADBのロンドン銀行間金利(LIBOR)ベース融資スキームに基づいて決定される。(09年6月26日のアジア開発銀行発表から)

06/29/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11952

トラックバック一覧(0)