日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/25/2009 08:05 AM

 22日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(3面)によると、国連貿易開発会議(UNCTAD)はこのほど、インドに対する外国直接投資(FDI)流入額が2007年の251億米ドルから08年の465億米ドルへ85.1%増加し、伸び率は世界最高になったと報告した。印経済の成長率が諸外国よりも高く、消費市場として有望と海外企業が評価したため。

 世界全体のFDIは08年秋に勃発した金融・経済危機の影響を受け、07年の1兆9千億米ドルから08年の1兆7千億米ドルへ10.5%減少した。また、最大のFDI受入国である中国への流入額は同じ期間に835億米ドルから924億米ドルへ10.7%増を記録。増加率でインドが中国を上回った結果、国内総生産(GDP)に対するFDI流入額の比率は08年にインドが中国を初めて上回った。

 なお、UNCTADは世界同時不況の多国籍企業(MNC)に及ぼす影響が大きくなることを理由にあげ、09年には世界のFDIがさらに減少すると警告している。

05/22/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11571

トラックバック一覧(0)