日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/25/2009 07:14 PM

 25日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(3面)とビジネス・スタンダード紙(2面)によると、ムカジー財務相はこれから編成作業に入る2009-10年度(09年4月-10年3月)で、インフラ投資の増額やエネルギー安全保障、教育改革を含む11の重点分野を設定する見通しだ。印経済をできるだけ早く年平均9%の高成長軌道に戻すため。

 同相は24日、財務省のチャウラ次官とヴィルマニ首席経済顧問を自宅に招き、今後の財政運営について協議した。25日以降も同省幹部との会合を重ね、本予算案の準備に当たる方針。2月16日に国会へ提出した暫定予算が7月31日で失効するので、同日までに本予算の成立を目指す意向だ。ただし、本予算案の作成に要する期間、国会審議にかかる時間については現時点では不透明な要素が多い。7月末までの国会通過が困難な場合は第2次暫定予算が編成される見込みだ。

05/25/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11582

トラックバック一覧(0)