日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/05/2009 05:53 PM

 2日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(4面)によると、経済諮問委員会(EAC)のテンデュルカル委員長は1日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比6.5-7.0%強と予測した。

 大方の調査機関が同4.0-6.0%を予想する中で高めの見通し。国会下院総選挙に伴う支出が消費を押し上げると見ているためだ。委員長はニューデリーで、「低金利局面がすでに到来しており、成長を促すと考えられる上、選挙関連支出が景気刺激策の役割を演じ、消費者の購買力を増すだろう」と語った。

05/04/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11417

トラックバック一覧(0)