日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/05/2009 05:50 PM

 4日付のビジネス・ライン紙とファイナンシャル・エクスプレス紙(各3面)によると、財界団体のインド工業連盟(CII)は3日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比6.1-6.5%と予測した。

 07-08年度(07年4月-08年3月)後半の落ち込みから幾分か回復するとの見通し。金利の低下と物品税・サービス税率の引き下げが消費財とサービスに対する需要を喚起すると見ているからだ。

 産業別の成長率については、農業が前年比2.8-3.0%、鉱工業が同5.0-5.5%、サービス業が同7.5-8.0%と予想。また、景気回復過程を加速するため、(1)準備銀行(中央銀行、RBI)がレポ金利(市中銀行へ不足資金を供給する際の適用利率)とリバース・レポ金利(市中銀行から余剰資金を吸収する際の適用利率)を少なくとも0.5%ポイント引き下げる、(2)政府が大規模なインフラ事業に着手する、(3)民間ビジネスの拡大を促す環境を保証し、企業家の信頼感を回復する、の3点を提唱した。

05/04/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11416

トラックバック一覧(0)