日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/20/2009 07:10 PM

 20日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2・6面)によると、米大手金融機関のモルガン・スタンレーは19日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比5.8%と予測した。これまでの見通しである同4.4%から1.4%ポイントの大幅な上方修正。個人消費とインフラ向け投資の予測値を引き上げたためだ。

 印シンクタンクのインド経済調査センター(CMIE)も19日、09-10年度の印成長率を同6.6%と予測し、従来の同6.5%から0.1%ポイント上方へ改定した。企業の旺盛な設備投資意欲が背景。第15回国会下院総選挙の開票が16日に行われ、現与党連合の統一進歩連合(UPA)が大勝を収めた結果、景気刺激策の追加実施や経済改革の推進に対する期待感が高まっており、成長率の予想を引き上げる動きが広がり始めている。

05/20/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11550

トラックバック一覧(0)