日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/13/2009 07:48 PM

 13日付のビジネス・スタンダード紙(2面)とエコノミック・タイムズ紙(13面)によると、商工省が暫定集計した2009年4月の印輸出額は107億米ドルにとどまり、前年同月の160億7千万米ドルに比べて33%減を記録した。

 輸出先として40%超のシェアを占める欧米諸国の景気後退が続いており、印産品への需要が低迷しているため。商工省のピライ次官は、「輸出は09年9月までマイナスにとどまるだろう。海外の輸入業者は積み上がった在庫の処分に努めており、4-6月は新規受注が少ないと見られる上、08年4-9月の伸びが高水準だった反動も出るからだ」と語っている。

 一方、4月の輸入額は160億米ドルで、1年前の248億2千万米ドルから35%減少した。落ち込みの主因は、(1)原油価格が大幅に下落した、(2)輸出の不振で海外向け製品に関連した原材料の輸入が減少した、(3)設備投資の鈍化で機械類など外国製資本財の購入が停滞している、の3点。輸入の減少率が輸出を上回った結果、同月の貿易赤字は40億米ドルと、前年同月の87億5千万米ドルより34億5千万米ドル(40%)縮小した。

05/13/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11484

トラックバック一覧(0)