日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/21/2009 07:04 PM

 21日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)によると、シンクタンクのインド経済調査センター(CMIE)は20日、卸売物価指数(WPI)で測った2009-10年度(09年4月-10年3月)の印インフレ率を前年比0.1%と予測した。

 08-09年度(08年4月-09年3月)の同8.3%から大幅な低下。一次産品類(構成比率:22.02%)は同6.0%上昇するものの、燃料・エネルギー類(同14.23%)が同6.0%、製品類(同63.75%)が同0.5%、それぞれ下落するためで、原油など資源価格の高騰から1年前の物価水準が夏場まで高かった反動も、当面のインフレ率を低く抑える要因だ。

05/21/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11558

トラックバック一覧(0)