日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/27/2009 07:54 AM

 24日付のビジネス・スタンダード紙(第2部 2面)とファイナンシャル・エクスプレス紙(1・2面)によると、インド準備銀行(中央銀行、RBI)のモハン副総裁は23日、商業銀行の貸出金利は緩やかに低下するとの見方を示した。

 過去に高金利で受け入れた預金が残っており、資金調達コストが急速には低下しないため。RBIは21日に政策金利を0.25%ポイント引き下げており、銀行の追随利下げが期待されているものの、政策効果が浸透するまでにはタイムラグがあることを認めた発言だ。

 副総裁は訪問先のロンドンで講演し、「新たに受け入れる定期預金の金利は低下しているが、既存の預金が満期を迎えるまで、預金の平均コストは高止まりするだろう。これが銀行による貸出金利の迅速な引き下げを妨げている」と語った。

04/24/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11327

トラックバック一覧(0)