日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/08/2009 07:00 PM

 8日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)によると、計画委員会のアルワリア副委員長は7日、2009-10年度(09年4月-10年3月)も08-09年度(08年4月-09年3月)と同様の規模で景気刺激策を継続するよう訴えた。

 世界的な金融危機と同時不況が続く中、需要の落ち込みと資金調達難で民間設備投資が大幅に減速すると見ているため。副委員長はニューデリーで、「08-09年度の財政赤字は名目国内総生産(GDP)比6%だった。09-10年度にこの水準を下回るのは勧めない」と語った。

 副委員長はまた、内外景気は緩やかにしか回復しないとの見方を披露。財政拡大に伴ってインフレが高進するとの懸念を退けた。

04/08/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11182

トラックバック一覧(0)