日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/26/2009 08:22 AM

 25日付のビジネス・ライン紙(5面)によると、インド国際経済関係研究所(ICRIER)は24日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比4.8-5.5%と予測した。

 07-08年度(07年4月-08年3月)まで3年間にわたって続いた同9%台のみならず、08-09年度(08年4月-09年3月)見込みの同6.3%からも一段と低下する見通し。世界的な金融危機と同時不況の影響を受け、印国内でも投資と消費が減速しているためだ。

 同研究所は、先行きに対する不透明感が極めて強い中、財政と金融面からの景気刺激策が発揮する効果は限定的と指摘。経済活動のテコ入れに向け、1990年代前半に実施したような構造改革の推進を提唱した。

03/25/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11040

トラックバック一覧(0)