日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/04/2009 06:09 AM

 3日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)によると、米金融サービス企業のモルガン・スタンレーはこのほど、2009年の印実質国内総生産(GDP)が前年比3%まで低下する可能性を指摘した。世界経済の不振が続くと見ているため。

 同社の調査リポートは、「先進諸国の景気回復状況に応じ、09年の成長率は前年比3-5%の範囲内で変動する見込みだ。主要先進7カ国(G7)の強気シナリオを前提にすれば、印成長率は09年が同5.0%で10年が同7.4%。一方、弱気シナリオに従えば、09年が同3.0%で10年が同4.5%の見通しだ」と予測している。

03/03/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10817

トラックバック一覧(0)