日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/16/2009 02:47 AM

 13日付のビジネス・スタンダード紙(2面)によると、労働集約的産業で働く労働者の月平均所得は2008年10-12月に3.45%減少した。労働・雇用省が鉱業、繊維、宝飾品、自動車を含む8業種を対象に調査したもの。国内景気が減速したためだ。

 同所得は08年10月には17,228ルピーとなり、祭礼シーズンに伴うボーナスの支給もあって9月の16,934ルピーから1.7%増加した。しかし、11月は15,239ルピーで前月比11.5%減少。12月は同0.5%減の15,182ルピーと、2カ月連続で落ち込んだ。

03/13/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10907

トラックバック一覧(0)