日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/18/2009 06:25 PM

 2008年度年初9カ月間(08年4-12月)のインドのセンシティブ品目の輸入額は、前年度同期比33.0%増の3,386億3,900万ルピーに達した。センシティブ品目とは、その国にとって重要な品目で、輸入の増加で国内経済・社会に悪影響の恐れがある品目のこと。

 同期間の全商品輸入総額は同44.8%増の10兆394億7千万ルピーで、そのうちセンシティブ品目の占める割合は3.7%だった(前年度同期は3.4%)。

 食用穀物の輸入は前年度同期より減少。一方、食用油、自動車、青果類(含ナッツ)、綿・絹、ゴム、香辛料、アルコール飲料、大理石・花崗岩、コーヒー・紅茶、乳製品の輸入は増加した。

 インドネシア、中国、韓国、日本、ミャンマー、マレーシア、米国、ドイツ、タイ、コート・ジボアール、ブラジル、チェコ、イタリア、オーストラリア、スウェーデン他からのセンシティブ品目の輸入は増加したが、カナダ、アルゼンチンからの同輸入は減少した。

03/18/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10951

トラックバック一覧(0)