日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/17/2009 07:45 AM

 2009年2月のインド民間航空会社の国内線乗客数は合計333万6千人で1月の332万6千人を上回った。

 内訳はエア・インディア(国内線)57万4千人(シェア17.2%)、ジェット・エアウェイズ59万7千人(同17.9%)、ジェット・ライト24万9千人(同7.5%)、キング・フィッシャー・エアラインズ90万4千人(同27.1%)、スパイス・ジェット41万3千人(同12.4%)、パラマウント・エアウェイズ6万1千人(同1.8%)、ゴー・エア8万4千人(同2.5%)、インディゴ44万1千人(同13.2%)だった。

 座席稼働率で見ると、エア・インディア66.3%、ジェット・エアウェイズ68.7%、ジェット・ライト74.2%、キング・フィッシャー・エアラインズ74.3%、スパイス・ジェット78.5%、パラマウント・エアウェイズ81.6%、ゴー・エア66.0%、インディゴ82%だった。

03/16/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10914

トラックバック一覧(0)