日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/17/2009 08:01 AM

 14日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)によると、国際的格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社は13日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比6.1%と予測した。

 08-09年度(08年4月-09年3月)から一段と低下する見通し。商業銀行の貸出が期待通りに伸びず、準備銀行(中央銀行、RBI)による金融緩和政策が十分な効果を上げられないためだ。同社のゴカルン首席エコノミストは、「成長率は年度前半が前年同期比5%、後半が同7%の見込みだ」と語っている。

 また、米銀行のJPモルガン・チェースも13日、09-10年度の成長率が前年比5.2%となり、08-09年度の同6%から低下すると予想した。09-10年度前半は景気減速が続くと見ているためだ。

03/16/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10923

トラックバック一覧(0)