日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/09/2009 07:22 PM

 8日付のビジネス・スタンダード紙(2面)とファイナンシャル・エクスプレス紙(3面)によると、印民間銀行最大手であるICICIバンクのカマート最高経営責任者(CEO、印工業連盟=CII会長)は7日、ムンバイで講演し、印実質国内総生産(GDP)成長率が2008-09年度(08年4月-09年3月)と09-10年度(09年4月-10年3月)の2年連続で前年比7%程度になると予想した。

 07-08年度(07年4月-08年3月)まで3年間にわたって維持した同9%台から大幅に低下する見通し。しかし、08年10-12月期の実績が5年ぶりの低水準となる前年同期比5.3%にとどまり、内外の景気悪化は長期化すると見る向きが多い中で強気の見解だ。

 また、8日付のビジネス・ライン紙(5面)によれば、チダムバラム内相も7日、同じ会合で講演し、09-10年度の成長率は同7%との見方を示した。同相は印経済が09-10年度後半から回復に向かうと指摘。10-11年度(10年4月-11年3月)の成長率は再び同9%に達すると語った。

03/09/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10877

トラックバック一覧(0)