日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/20/2009 08:37 AM

 19日付のビジネス・ライン紙(1面)によると、今年1月の外国人入国者数は前年に比較して、10万人も減少した。航空会社とホテルは提携して外国人旅行客の誘致に乗り出すことになった。

 18日、インド観光省は官民一体のプロモーション計画を発表した。今年4月-12月の外国人入国者数を増やすのが狙い。主なものは、エア・インディアが米国からのファースト・クラスとビジネス・クラスの二人連れに50%ディスカウントを提供するほか、キングフィッシャー・エアラインは同伴者が無料になる国際線航空券を発行する。また、航空会社と提携したスキームでは、124のホテルが協力し、1泊無料のサービスを提供するという。この中にはタージ・ホテル(59カ所)、アショック・ホテル(13カ所)、ITC(12カ所)、オベロイ(7カ所)、トライデント(7カ所)が入っている。

02/19/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10698

トラックバック一覧(0)