日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/16/2009 08:30 AM

 13日付エコノミック・タイムズ紙(20面)によると、インド国内のオーガニック市場が堅調に伸びており、ファブインディアや24レターマントラ(ハイデラバード)などの主要企業は10%-12%の成長を維持している。米国や欧州では、不況によりオーガニック市場の成長率が25%から5%にまで下落しているのと対照的だ。

 「ここ数カ月間、大きな変化はみられない。需要は伸びている。伸び続ける需要に対して我々も供給を拡大させ続けていくつもりだ」(ファブインディア広報部長プラブリーン・サバニー)。ファブインディアは、シリアル、スパイス、はちみつやハーブなどを含む120種類のアイテムがある。

 チェンナイで農民に対してオーガニック商品の生産を指導し、販売支援などを行っている団体、VRアナントー・オブ・リストアでは、「景況悪化による目に見える変化は確認していない。成長速度は決して速くないが、10%-15%を保っており、底堅い。オーガニック製品を医療的治癒に利用する安定顧客は消費を減らすことは無い」と述べている。

 オーガニック市場のプレイヤーたちは国内市場での強気の姿勢を崩さず、ここ数カ月の間にも続々と多岐に渡る新商品を投入している。

02/13/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10630

トラックバック一覧(0)