日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/03/2009 07:30 PM

 3日付のビジネス・スタンダード紙とエコノミック・タイムズ紙(各1面)、ファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)、ビジネス・ライン紙(6面)によると、ムカジー財務相(外相兼務)は2日、政府系銀行(PSB)の経営者と会談し、貸出の促進を要請した。世界同時不況の影響がインドにも及ぶ中、内需を刺激し、減速する国内経済をテコ入れするため。特に雇用吸収力の高い労働集約的産業や、国民の約6割が居住する農村部を活性化する狙いだ。

 これに対し、出席した銀行首脳の大半は、預金金利の低下とインフレの落ち着きを前提にして貸出金利をさらに引き下げる意向を表明。最大手であるステート・バンク・オブ・インディア(SBI)のバット会長は、基準最優遇貸出金利(ベンチマーク・プライム・レンディング・レート、BPLR)を1月に続いて再び引き下げる可能性に言及した。

02/03/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10517

トラックバック一覧(0)