日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/24/2009 06:36 AM

 21日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(第2部 2面)とビジネス・ライン紙(5面)、エコノミック・タイムズ紙(11面)によると、経済諮問委員会(EAC)のテンデュルカル委員長は20日、印景気が2009-10年度(09年4月-10年3月)後半から回復し、年度全体の実質国内総生産(GDP)成長率は前年比7%になると予測した。政府と準備銀行(RBI)の実施してきた景気テコ入れ策が次第に効果を現すと見ているため。

 委員長はムンバイで講演し、「年度前半の成長モメンタムは弱いが、後半には財政と金融両面の刺激を受けて回復する見通しだ」と語った。また、「インフレ率が低下しており、金利も先行き下落するだろう」と発言。RBIが近く追加利下げに踏み切る可能性を示唆した。

02/23/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10727

トラックバック一覧(0)