日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/06/2009 07:14 AM

 5日付のビジネス・スタンダード紙(第2部 10面)によると、2008年に印企業が新規株式公開(IPO)で調達した金額は2,210億ルピーとなり、過去最高を記録した07年の4,860億ルピーに比べて約55%減少した。外国機関投資家(FII)による保有株の大量処分を受け、印株価が1月から下落を続けたため。特に世界的な金融危機の勃発後は落ち込みが激しく、7-12月の調達額は全体の約10%にとどまった。

 個別の案件で最も規模が大きかったのはリライアンス・パワーの1,259億ルピー。他の大型案件としては、地方電化公社(REC)の200億ルピー、IRBインフラストラクチャー・デベロッパーズの115億6千万ルピー、KSKエナジー・ベンチャーズの100億ルピーなどがあった。

02/05/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10561

トラックバック一覧(0)