日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/19/2009 07:39 AM

 18日付のビジネス・スタンダード紙(1面)によると、印政府は公的資金を活用し、今後2年以内に18行の政府系銀行(PSB)へ資本を注入する意向だ。各行の自己資本比率(CAR)を引き上げ、貸出など事業拡大の余地を広げるため。

 それぞれのPSBは優先株の発行や株主割当増資を実施する見込み。結果として、51%に下限が定められている政府の出資比率が上昇し、株式市場における公募増資も可能になる見通しだ。

 なお、注入の順番は、(1)中核的(TIER1)および補完的(TIER2)自己資本の増強余力、(2)現在の政府持株比率、(3)CARの水準、を基準として決定する方針。政府の出資比率が低く、TIER1・TIER2資本の追加調達が難しい銀行が優先される模様だ。

02/18/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10683

トラックバック一覧(0)