日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/03/2009 08:34 PM

 2009年1月23日現在の外貨準備高は2,476億2,100万米ドル(12兆1,742億ルピー)となり、前週末の2,521億7,800万米ドルから45億5,700万米ドル、率にして1.8%減少した。08年度(08年4月-09年3月)に入ってからの減少傾向が継続。08年前半に一時50%台央に達していた前年比伸び率も、2ケタのマイナスへと転じている。

 1月23日の内訳は、外貨建て資産2,383億500万米ドル(前週末比45億4,200万米ドル減少)、金保有高84億8,500万米ドル(前週末と同水準)、IMF特別引出権(SDR) 300万米ドル(前週末と同水準)、IMF準備金ポジション8億2,800万米ドル(前週末比1,500万米ドル減少)。

 なお、同日現在の外貨準備高は、前年度末(08年3月末)比では20.1%減少、前年末(08年12月末)比では3.3%減少、1年前との比較では14.1%の減少となった。史上最高であった08年5月23日の3,161億7,100万米ドルからは21.7%の減少となっている。

02/03/2009(09年1月30日のインド準備銀行=RBI発表から)


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10520

トラックバック一覧(0)