日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/14/2009 11:18 AM

 インドへの新幹線導入を検討するために来日中のインド鉄道大臣、ラルー・プラサド氏は13日、新幹線を視察し、東京から京都まで乗車した。

 プラサド氏はインド鉄道省の代表団を率いて来日中。貨物専用鉄道計画(DFC:Dedicated Freight Corridor)のための借り入れやインドへの新幹線導入について日本政府と協議する。

 インド鉄道は5つの路線に超特急列車を検討している。具体的には、デリー・チャンディーガル・アムリトサル路線、プネー・ムンバイ・アーメダバード路 線、ハイデラバード・ドルナカル・ヴィジャヤワーダ・チェンナイ路線、チェンナイ・バンガロール・コーヤンブットゥール・エルナクルム路線、ハウラ・ハル ディア路線となる。

 インドで超特急列車用の線路を敷く費用は、1キロメートルあたり5億5,000万ルピー(約10億円)とされている。

2009/01/13 10:29(ニューデリー発)PTI


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10420

トラックバック一覧(0)