日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/22/2009 03:01 PM

 ハリヤナ州産業インフラ開発公社(HSIIDC)は21日、過去6カ月で投資総額800億ルピー(約1,456億円)の事業への土地割り当てを完了したことを明らかにした。

 同州に進出する企業をみてみると、ドイツに本社を置く多国籍自動車部品メーカーZFフリードリヒスハーフェンAG傘下のM/s ZFインディアが25億ルピー(約45億5,000万円)を投じて20エーカー(約8ヘクタール)の敷地に製造工場を建設。アジアン・ペインツは60億ルピー(約109億2,000万円)を投じて160エーカー(約65ヘクタール)の敷地にアジア最大の塗料工場を建設する。

 そのほかにも、ハイテック・プラスト、サイババ・ポリマー・テクノロジーズ、SHVエナジー、ブロック・パケジング・インディア、クルーB.O.S.プ ロダクツ、ニッポン・オーディオトロニクス、ステカ・バーゲン・ソーラー・プロダクツなどが土地の割り当てを受けている。

 HSIIDCの広報担当者によれば、これらの事業は今後3-5年で同州に総額800億ルピー(約1,456億円)の投資をもたらすという。

01/21/2009 14:39(チャンディーガル発)PTI


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10452

トラックバック一覧(0)