日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/02/2008 11:14 AM

 2007年末時点でのネットユーザー数を国別でみると、インドは8,100万人で世界4位に入った。

 1位は2億2,000万人のアメリカ。2位は2億1,000万人の中国、3位は8,810万人の日本だった。数字はインターネットガバナンスフォーラム(IGF)が発表したもの。全世界のネットユーザーは13億4,857万2,040という。

 大陸別でみると、アジアが約5億6,870万人で1位。アメリカ両大陸が3億7,790万人で2位となった。

 なお、ブロードバンド接続に関しては、インドはベスト10入りを果たせなかった。ここでも1位はアメリカで、7,320万人。日本は2,828万人で3位だった。

 インドでインターネット利用契約を結んでいるユーザーの数は、人口100人あたり1.15人に相当する1,350万人。利用契約を結ばずに、ネットカフェや職場などで利用するユーザーの数は、同6.93人に相当する8,100万人となる。

 なお、インドでは3億人以上の携帯電話利用者がおり、その数は毎月約800万人増え続けている。インド政府は携帯電話を通したインターネット利用の普及に期待している。

12/01/2008 21:14(ハイデラバード発)PTI


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10209

トラックバック一覧(0)