日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/27/2008 08:16 AM

 インド半導体協会(ISA)は26日、アジア半導体機構(ASTSA)との間で覚書に調印したことを発表した。覚書は、日印間における商取引および企業の半導体設計部門間の情報交換を強化していくことを内容としているという。

 ASTSAの友景肇会長は発表にあたり、「世界経済が悪化する中、インドの経済は2008年も上昇傾向を保つことが見込まれている。インドの半導体ビジネスも、成長が予測される分野だ。今回の覚書締結は、日本の半導体企業と取引のあるインド企業の成長を促進するだろう。ASTSAとISAは、インドと日本の半導体組織として初めて覚書を締結したことになる」と述べた。

 一方、ISAのプールニマ・シェノイ会長は、「今回の覚書の重要な目的は、メンバー企業間のビジネス関係の強化にある」と語った。

 今回の覚書締結は、JETROの地域間交流支援事業の枠組みのもと、JETROと福岡市の援助を受け実現したもの。調印は26日、シェノイ会長により日本にて行われた。

11/26/2008 13:30(バンガロール発)PTI


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/10152

トラックバック一覧(0)